自分に合ったキャンプ用テントの選び方

| コメント(0) | トラックバック(0)

アウトドアがブームとなっている昨今、興味があるので自分
も参戦してみようと考える方も少なくないかと思います。ア
ウトドアといえばキャンプ、キャンプといえばテントといっ
たように、まずはテントを購入しようと思うことが多いでし
ょう。しかし初めてテントを購入する場合、どのようなもの
を選べばよいのか悩んでしまうこともあるかと思います。

まずキャンプ用テントを選ぶ際、最低限の知識として持ち合
わせておきたいのがその種類です。一口にテントといっても
いくつか種類があり、それぞれにメリットやデメリットがあ
るのです。

例えば最も一般的な形のテントといえばドーム型テントで
す。二本のポールをクロスさせて組み立てる仕組みは、手間
がかからず一人でも設営が可能なため、初心者は勿論、上級
者にも愛されているテントです。一番最初に購入するテント
に適しているといえるでしょう。

快適な居住空間が欲しいと思った際にはツールームテントが
良いでしょう。ロッジテントと呼ばれることもあるこのテン
トは、ひとつのテントで二部屋作ることが可能なテントとな
っています。キャンプにおけるリビングのような存在である
タープを別途使用する必要がないという便利さや、人が立て
るほどの高さがあるものも少なくないことから人気がありま
すが、1人で組み立てることが難しいという難点がありま
す。組み立て方も少し複雑なため、初心者では苦労すること
もあるでしょう。

ポールを一本立てるだけというシンプルなテントもありま
す。このテントはワンポールテントやティピ、モノポールテ
ントなどと呼ばれるもので、個性的な見た目が特徴的です。
単純な構造とは裏腹に慣れるまで設営に時間がかかることも
ありますが、慣れてしまえば比較的軽量であったりと手軽に
利用できる存在でもあります。

このようにテントの形ひとつとっても種類があり、更にどの
程度の人数で利用するのか、耐水圧は問題ないかなど見てお
くポイントがたくさんあります。

どのように利用するのか明確にしておき、自分に合ったテン
トを選びたいものですね。

WAQアウトドアワゴン

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://art-navigator.jp/mt/mt-tb.cgi/375

コメントする

このブログ記事について

このページは、roomtokiwaが2018年8月29日 11:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「メモがわりに利用するボイスレコーダーの利点と注意点」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。